保険が効かないAGA治療

AGA治療には費用がかかります。しかし、AGA治療は健康を害していると判断されないため、保険が効かないのです。健康保険の割引を受けられるものは、害した健康を治すための医療費のみです。そのため、AGA治療は保険が効かないので、とても高額になってしまいます。
しかし、そいのような費用の問題に対して、色々と手段もあります。その中のひとつが、ジェネリック医療品です。ジェネリック医療品とは、後発医薬品のことで特許がきれた医薬品を、他のメーカーなどが製作して安く販売するものです。また、ジェネリック医療品ではありませんが、プロスカーという薬もよいです。プロスカーは前立腺肥大症のための治療薬です。しかし、主成分がフィナステリドであるため、AGA治療に使われる薬と同じ成分であることから、AGA治療にも使われることがあります。ジェネリック医療品ではありませんが、他のAGA治療薬に比べると、安い値段で購入することが出来ます。
但し、色々と注意点もありますので、おさえておくようにしましょう。AGA治療に有効な成分であるフィナステリドは、1日につき1mgの摂取が原則とされています。それ以上、服用してしまうと、性欲減退がおこったり勃起不全がおこったりして、男性の機能を低下させてしまう副作用がおこる可能性があるのです。しかし、プロスカーは1錠に5mg含まれています。そのため、服用する前に、必ず、ビルカッターなどで5分割してから服用することが、とても大切です。
このように、保険が効かないAGA治療の場合、安く治療薬を手にいれる方法は色々とあります。その中のひとつに、プロスカーという薬があるのです。5分割する手間はかかりますが、他のAGA治療薬よりは安くすることが出来ます。