男性ホルモンとAGAの関係

成人男性の前頭部や頭頂部の毛が薄くなるAGAは、男性ホルモンと密接な関係があります。男性ホルモンの一種「テストステロン」は、筋肉の強度や生殖機能など、男性らしさを維持するための多彩な役割を持っていますが、このテストステロンが毛乳頭や皮脂腺に存在する「5aリダクターゼ」と結びつくことによって、活性型男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」を生み出します。
ジヒドロテストステロンはAGAの症状が出ている部分において高濃度に見られることから、AGAの原因と考えられています。また、5aリダクターゼが欠如している男性にはAGAの症状が見られないことから、5aリダクターゼの働きを抑制することがAGAの予防をする上で効果的です。5aリダクターゼを抑制するには一般的な育毛剤やスカルプシャンプーでは難しく、AGA治療薬を服薬する方法が主に行われています。
「プロスカー」は、AGA治療薬として世界でもポピュラーな医薬品です。プロスカーの主成分であるフィナステリドは、テストステロンと5aリダクターゼの結合を防止する働きを持っている高アンドロゲン薬で、もともとは前立腺肥大症の治療薬として開発されましたが、後に毛髪環境の改善に効果があることが判明しました。AGAに対する効果はアメリカ食品医薬品局によって認められており、日本でも厚生労働省に認可されています。
フィナステリドが主成分の医薬品はプロスカー、プロペシアの商品名で世界中で販売されており、プロスカーは1錠あたりのフィナステリド含有量が5mgとなっています。AGAの治療としてフィナステリドを服用する場合は1日1mgが摂取する限度となっているため、1錠を分割して服用する必要がありますが、1箱あたりの価格はリーズナブルになっています。