AGAは病気なのか?

AGAとは男性型脱毛症のことで主に男性に症状が見られる脱け毛の症状をいいます。AGAは基本的な原因として親からの遺伝であったり男性ホルモンの作用が災いしていると考えられています。また環境的な原因も考えられ年齢を重ねることによって、またストレスの蓄積、偏食、生活習慣の乱れなども影響していると考えられています。頭髪が抜けるということで特に命に関わる病気というわけではありませんが、改善のためには症状を早期に発見して抜け毛の進行を抑えて、早期対処を行うことで育毛へと導くのが最善の対策法です。AGAにはいくつか有効な薬がありプロスカーという錠剤もそのひとつです。この錠剤は比較的安価に手に入れることができる薬です。
プロスカーは本来アメリカの製薬メーカーが開発した前立腺肥大症を治療するための薬です。しかし前立腺肥大症患者に投与したところ、髪が増えるという副作用報告があり、をれを転じてAGAに対しても効果が認められ用いられるようになりました。この薬に含まれる有効成分フィナステリドが毛根細胞に働きかけ育毛を促進します。この薬は本来前立腺肥大症の治療薬として発売されたため有効成分であるフィナステリドの含有量がAGA治療に用いるには多すぎるという欠点があります。プロスカーを規定用量のまま服用するとAGAの治療としてはフィナステリドを必要以上に取り入れてしまうことになります。なのでピルカッターで数分割した上で服用する必要があります。こういった手間がかかるという点では欠点かも知れませんが逆にコストパフォーマンスは高いので服用の際この点を注意すれば問題なく、手ごろな価格で治療を続けられるということになります。